COLUMN
MAcoat の豆知識

付帯部ってどこの部分?塗装する必要はあるの?

2021.12.6

外壁塗装では一般的に、壁だけでなく「付帯部」と呼ばれる部分も塗り直しします。

でも、この「付帯部」がどこの部分なのかよくわからない…という方も多いかもしれませんね。

今回は付帯部についてご紹介します。

付帯部を塗装する理由についても説明しますので、参考にしてみてください。

 

付帯部とは?

付帯部とは、外壁や屋根についているさまざまなパーツのことです。

代表的な付帯部には、軒天、破風板、鼻隠し、雨樋、雨戸、戸袋などがあります。

また庇やシャッター、換気フードや窓サッシ、ポストなども付帯部です。

 

・代表的な付帯部

 

〇軒天

 

 

軒天とは外壁から突き出した屋根(軒)の裏側部分を指します。

雨水が直接当たることはあまりありませんが湿気が溜まりやすく、カビやコケが発生しやすい部分です。

 

〇破風板・鼻隠し

軒先に取り付けられる板のうち、傾斜部分を破風板、雨樋がついている水平部分を鼻隠しといいます。

雨や風、紫外線の影響を受けやすく、劣化しやすい部分です。

 

〇雨樋

屋根に落ちた雨水をまとめて排水溝や地面に流す排水設備で、付帯部の中でも比較的目立つ部分です。

 

〇雨戸・戸袋

窓を雨風や飛来物などから守る役割がある戸や扉が雨戸で、雨戸の収納場所が戸袋です。

 

・塗装しないケースもある

 

 

付帯部の素材には木製や鉄製などがありますが、素材によっては塗装をしないことがあります。

例えばアルミ製やステンレス製の付帯部には一般的に塗装しません。

素材のほうが塗料よりも耐久性が高いからなんです。

アルミ製の付帯部で多いのは窓サッシやベランダの笠木・手すりなどです。

またベランダの手すりがステンレス製の場合や、帯板や雨樋が銅製の場合も一般的には塗装しません。

 

付帯部に塗装が必要なワケ

 

 

外壁だけでなく、なぜ付帯部も塗装が必要なのでしょうか。

これには次のような理由があります。

 

・付帯部の劣化を防ぐ

付帯部の塗装の目的は、付帯部の劣化を防いで建物を守ることです。

付帯部は建物の防水性に関わる部分が多く、雨や風、紫外線の影響で劣化すると雨水が浸入し、やがて建物にダメージを与えてしまいます。

例えば軒天は外から見えにくく雨も当たりにくい部分です。

しかし塗装などのメンテナンスをしないでおくとやがて劣化し、雨漏りなどのトラブルの原因になることがあります。

また劣化が進み軒天材がはがれてしまうと、野鳥や小動物、蜂などが入り込んでしまうかもしれません。

建物の寿命を延ばし安全に暮らすために、付帯部も定期的な塗装メンテナンスをすることをおすすめします。

 

・建物の美観を保つ

付帯部も同時に塗装することで、建物の美観を保つことができます。

外壁だけ塗装すると付帯部の劣化が目立ちやすく、せっかく塗装しても美しい仕上がりにならないのです。

付帯部も塗装することで、建物全体がまるで新築のような外観になりますよ。

 

付帯部塗装の注意点

 

 

付帯部を塗装する場合はいくつか注意したいことがあります。

満足のいく外壁塗装をするためにも次の点を覚えておくとよいでしょう。

 

・付帯部の塗装は外壁塗装と同時に行う

付帯部の塗装は外壁塗装と同時に行うのがおすすめです。

外壁塗装では一般的に足場を組みますが、付帯部のみの塗装の場合も足場を組む必要があります。

もしも外壁塗装とは別の日程で付帯部の塗装をすると改めて足場を組むことになり、また足場費用がかかってしまうのです。

外壁塗装と同時に付帯部の塗装も行うと、足場費用は1回分で済みますよ。

 

・見積書に付帯部の記載があるか確認する

外壁塗装を依頼するときは、見積書に付帯部に関する記載があるか確認することが大切です。

お住まいによって塗装が必要な付帯部のパーツは異なります。

「付帯部一式」「付帯部他」というようなおおまかな記載ではなく、付帯部の各パーツの名称や使用する塗料の種類などが記載してあるか確認するとよいでしょう。

引き渡し後のトラブルを防ぐためにも、見積書はしっかりチェックすることをおすすめします。

 

・外壁に使用する塗料と耐久年数をそろえる

外壁に使用する塗料と付帯部に使用する塗料の耐久年数をそろえると、次の塗装のタイミングを合わせることができます。

同時に塗り直しできれば、足場費用は1回で済みますよ。

もしもそれぞれの塗料の耐久年数がわからない場合は、塗装業者に聞いてみるとよいでしょう。

 

・外壁の色とのバランスを考慮する

付帯部に使用する塗料の色は、外壁の塗料の色とのバランスを考えて選ぶのがポイントです。

外壁と同系色にすればシンプルでまとまった印象に、まったく違った色を選ぶとアクセントのある外観になります。

色選びのときはカラーシミュレーションなどを活用して、全体的な仕上がりをイメージするとよいでしょう。

 

まとめ

 

 

今回は外壁塗装の付帯部についてご紹介しました。

付帯部も外壁と同じように雨風や紫外線により劣化するため、定期的なメンテナンスが必要です。

大切なお住まいを守るためにも、外壁の塗装と同時に付帯部の塗装をすることをおすすめします。

 

デザイン性の高い外壁塗装・塗り替え工事はエムエーコートにお任せください。
次世代塗料オプティマス正規取扱店。
水戸市を中心に、ひたちなか市・水戸市・那珂市・城里町・東海村・常陸太田市・日立市・笠間市・茨城町など広く対応しております。

Repaint your life!
MA coat inc.
株式会社 MA coat
〒310-0914茨城県水戸市小吹町2383−1
TEL.0120-980-859