NEWS
MAcoatからのお知らせ

地味だけど重要!外壁塗装の下地作りって?

2021.8.23

外壁の塗り替えをするときには、良い業者さんに良い作業をしてほしいですよね。

そしてもちろん、美しく仕上がって長持ちするのが理想的。

そのためには、しっかりとした下地作りが欠かせません。

今回は外壁塗装の工程の中で、MA coatが一番大切にしている、下地作りについてご紹介します。

なぜ下地作りが大切なのか、できるだけわかりやすく説明しますので、ぜひ参考にしてみてください(^^)

 

下地作りとは

 

下地作りとは外壁を塗装する前に行う作業のひとつで、下地処理ともいいます。

外壁の汚れを落とす、ひび割れを修復するなど、もともとの外壁表面を整える作業です。

たとえばマニキュアを塗るとき、爪表面の余分な角質や油分を取り除いておくと、凹凸もなくキレイな仕上がりになって長持ちしますよね。

外壁塗装も同じで、新しい塗料をしっかりと密着させ、長持ちさせるために必要なのが下地作りなのです。

下地作りをしっかり行うことで美しい仕上がりになり、塗料本来の性能を引き出すことができます。

ただし…当然のことですが、工事完了・引き渡し後では下地処理の確認をしたくてもできません。

 

下地作りは重要な作業!

下地作りは塗料を密着させて耐久性を高めるための非常に重要な作業。

もし下地作りをおろそかにすると、たとえどんなに高品質の塗料を使ったとしても、次のようなトラブルが発生しやすくなります。

 

・塗膜が剥がれる

 

 

せっかくきれいに仕上がったのに、塗料(塗膜)がすぐに剥がれてくることがあります。

下地作りのうちの洗浄や乾燥、ケレン作業の工程が不十分な場合に多く、塗料がしっかり密着していないことが原因です。

 

・ひび割れが発生する

 

 

下地作りのひび割れ補修の工程がしっかり行われていないと、塗りなおした塗膜にまでひび割れが発生することがあります。

ひび割れを放置すると壁内部にまで雨水が浸透して建材が傷んでしまい、やがて外壁全体が崩れてしまう可能性もあり危険です。

 

・塗膜が膨れる

外壁表面に気泡のような膨らみが出てくることがあります。

下地作りの洗浄やケレン作業※の工程が不十分な場合に多く見られるトラブルです。

また下塗り材をしっかり乾燥させていない場合にも発生することがあります。

※ケレン作業とは

英語の「クリーン」が訛って「ケレン」になったといわれており、塗料を塗る前に素地をキレイにする、整えることを指します。後でもう少し詳しく説明します。

 

 

・サビが出る

ケレン作業がしっかり行われていないとサビが残ってしまい、「もらいサビ」といって塗りなおした外壁表面にサビが出てしまうことがあります。

またサビ止め塗料の塗布が不十分な場合にも発生しやすいトラブルです。

 

下地作りの種類

外壁を美しく仕上げて長持ちさせるために欠かせない下地作りには、次のような種類があります。

外壁の種類や状態によって作業内容は異なりますが、どんな作業なのか知っておくと安心です。

 

・高圧洗浄

 

 

外壁表面の汚れ、藻、カビなどを、文字通り高圧洗浄機で落とす作業です。

洗車に使われる洗車機の水圧よりも強力で、ほとんどの汚れを洗い流すことができます。

24時間~48時間程度かけてしっかり乾燥させることも重要です。

 

・クラック補修

 

 

クラック=ひび割れを、シーリング材やパテを使って補修する作業です。

クラックは髪の毛のように細い「ヘアークラック」と、外壁の奥深くまで割れてしまっている「クラック」の2種類にわけられます。

クラックの中でも、雨水が浸入しているような深いひび割れは早めの処置が必要です。

その場合はひび割れ部分をカットして補修する作業が行われます。

 

・コーキング補修

 

 

主にサイディングの外壁材(パネル)同士のつなぎ目部分を補修する作業です。

既存のコーキングを剥がして新しいコーキング材を補填する「打ち替え」と、既存のコーキングの上から新しいコーキング材を補充する「打ち増し」の2種類があります。

つなぎ目部分に使われているコーキング(シーリング)は、劣化するとひび割れを起こすことがあるため、塗装前にしっかり補修を行うことが大切です。

 

・ケレン

 

 

ケレン作業とは外壁のサビや既存の塗料を落とし、表面を滑らかにする作業です。

使用する道具は、紙やすりやワイヤーブラシ、電動工具であるディスクサンダーなどがあり、状況に応じて使い分けます。

サビが残っていると再びサビが出てきてしまうので、細かいところまでしっかり行う必要がある作業です。

工具で落としきれない場合には、剝離剤などの化学薬品を使うこともあります。

 

まとめ

ここでは外壁塗装の下地作りについてご紹介しました。

下地作りは一見地味な作業に思われがちですが、実は非常に重要な工程なんです。

といっても…下地作りに重点を置かない塗装業者を選んでしまっては元も子もありません。

見積書には一般的に、施工内容が詳しく記載してありますので、契約前にしっかり確認することをおすすめします。

 

 

デザイン性の高い外壁塗装・塗り替え工事はエムエーコートにお任せください。
次世代塗料オプティマス正規取扱店。
水戸市を中心に、ひたちなか市・水戸市・那珂市・城里町・東海村・常陸太田市・日立市・笠間市・茨城町など広く対応しております。

Repaint your life!
MA coat inc.
株式会社 MA coat
〒310-0914茨城県水戸市小吹町2383−1
TEL.0120-980-859